阪神、痛恨のサヨナラ押し出しで5連敗、自力V消滅

阪神 中日

◆中日3-2阪神◆
阪神が中日に痛恨の押し出しサヨナラ負けで5連敗を喫し、自力優勝が消滅した。

2-2で迎えた九回裏、四球と二塁打で一死二、三塁のピンチを迎えたところで、矢野監督は大島を申告敬遠、満塁策を選択した。これが裏目に出て次のアルモンテに押し出し四球を与えてゲームセット。

今シーズン、ここまで10回2/3で9四球と、決して制球が良いとは言えない小野に満塁策は博打と思えたが…。矢野監督は試合後「最後は開き直るしかない。大島で勝負しても内野も極端に前に来ないとあかんし、サードも足が速いランナーにかわってタッチプレーになるし。満塁になれば押し出しが頭に入りながら投げさせるっていうのはもちろん分かっているんだけど…」と苦しい胸の内を語った。

関連記事