阪神、掛布SEAが退団

阪神

阪神は31日、掛布雅之オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)が10月末日で退団すると発表した。

掛布氏は、2013年10月にゼネラルマネージャー付育成&打撃コーディネーター(DC)に就任して、現役引退から25年ぶりに阪神に復帰。2016年から2シーズンは二軍監督を務め、2018年からSEAに就任。今月末で契約満了となった。

掛布氏、鳥谷といった生え抜きスターが球団を去る一方で、コーチ陣は矢野監督の古巣・中日出身者が増え続けている。ファンとしては複雑な心境だろう。

関連記事