阪神、岩崎&スアレス回跨ぎで逃げ切り「スクランブルで」矢野監督

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 ヤクルト

◆ヤクルト1-2阪神◆
阪神がセットアッパー岩崎、守護神スアレスの2人に回跨ぎをさせる執念のリレーでヤクルトを下し、2ゲーム差に詰めた。

七回、代打・島田の適時二塁打で勝ち越しに成功すると、矢野監督はその裏のマウンドに岩崎を送った。岩崎は青木、山田、村上を三者凡退に打ち取り、八回もマウンドへ。オスナを二ゴロに討ち取ったところでスアレスと交代した。スアレスは九回に2安打と味方のエラーで一死満塁のピンチを背負うも、山田を二飛、村上を投ゴロに仕留めた。


試合後、矢野監督は2人の回跨ぎについて「だからスクランブルで、あの3回でどういくかというのを考えていた」と説明。このところ及川が失点する場面が増え、「七回の男」が不在となっている穴を2人に埋めさせた事を明かした。


その上で、岩崎については「スグルもピシャっといってくれたんで、いい流れでバトンを渡してくれた」と評価、ピンチを切り抜けたスアレスには「もう任せるしかないんで。信頼関係でね。今までやってくれているんで。全て受け入れるという気持ちで送り出しているんで」と労った。

7日のDeNA戦では、1点リードの八回に3連投中だった岩崎を温存して逆転負けを喫したが、その2日後には一転して「スクランブル」体勢へ。逆転優勝に向け、負けられない戦いが続く。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事