阪神、「四番」マルテが決勝打

巨人 阪神

◆阪神2-0巨人◆
阪神の四番・マルテが決勝点を挙げた。

四回、先発・福留が右翼フェンス直撃の三塁打を放ち、マルテが打席へ。3球見送り、3-0から遊ゴロで福留が生還した。

巨人は前進守備を敷いておらず、1点はOKという場面で、きっちり内野ゴロを放った。

左腕にたいしては打率が3割を超え、打率.282に対して出塁率.370と、選球眼も良い。

開幕前は、相撲観戦の翌日に体調不良を訴えて、その後はふくらはぎの張りで離脱。サボり疑惑もあった。

しかし、大山がスタメン落ちする中で、右打者では頼れる存在となっている。

関連記事