長野決勝打で8連勝に貢献

広島 ヤクルト

◆ヤクルト0-2広島◆
広島・長野が決勝打を含むマルチ安打で、8連勝に貢献した。

0-0の六回二死一塁の場面では、右中間フェンス直撃の先制二塁打。九回も無死一塁から右前打で好機を広げ、貴重な2点目の呼び水となった。

主砲・鈴木が先発から外れた23日からの4試合、3番に座ってその穴を埋めている。4試合で13打数5安打(.385)1本塁打3打点の活躍だ。この日の神宮球場でも、チームの誰よりもファンの声援を浴びていたが「個人的なことより、チームが勝つことが一番」と謙虚。プレーもコメントも広島にすっかり順応している。

関連記事