金子侑司と松井稼頭央 西武新旧7番対談

NPB(プロ野球) スポーツ 西武

今季から背番号「7」を背負う西武・金子侑司が松井稼頭央二軍監督と専門誌で対談し、背番号と松井監督への憧れや今季の意気込みを語っている。

黄金期のチームリーダー石毛宏典や松井監督が背負った7番に、金子は憧れていた。「以前からしっかりした成績を残して、球団から認めてもらえたら着けたいなと思っていた」。昨オフに球団から打診されて、念願が叶った。

元々、松井監督が憧れの存在だった。「一番カッコいい野球選手だと思っていた。もともとショートを守っていたし、スイッチヒッターになったのも稼頭央さんの影響。憧れていた選手の背番号を引き継いで、自分が頑張るだけ」と気持ちを新たにする。

金子と松井監督は16年から自主トレを共にした仲でもある。「一緒に練習して思ったのさ妥協しないということ」「向上心を持って、楽しそうに技術を追求する姿を見て自分もそうなりたいと思いました」。

秋山翔吾がレッズへ移籍した。金子には一番を打ち、2年連続で盗塁王を獲ることが期待される。

一番に関して、「絶対に打ちたいと思いますけど、固執してもしょうがない。一番を任せようと思ってもらえるように。まずしっかり認めてもらえるように頑張るだけ」。盗塁王については、「大きな怪我なくプレー出来れば、いい位置につけていると信じてやりたい」と意欲を見せる。

FA権取得を前提に複数年契約を結び、西武一筋を選んで今季に望む。「全試合に出てチームの3連覇に貢献出来る様に頑張りたい」と目標を掲げている。

文・写真/BBNEWS編集部

◆金子侑司
背番号 7
カナ カネコ・ユウジ
出身校 立命大
誕生日 1990年4月24日
年齢 29
血液型 B
身長 179
体重 76
所属履歴 立命館宇治-立命大
キャリア 8年
投打 右両
ドラフト年度 12
ドラフト順位 3
公式戦初出場 13年3月29日日本ハム=西武ドーム
年俸 1億2000万円
昨季年俸 5700万円
タイトル (盗)16、19
家族 独身

関連記事