野村大樹、山野辺翔、川越誠司がマルチ、金久保優斗2回0封【アジアWL】

NPB(プロ野球) 西武 ソフトバンク オリックス ヤクルト 楽天

台湾で行われている2019アジアウインターベースボールリーグのNPBレッド対味全ドラゴンズ戦が7日行われ、4-4の引き分けに終わった。

NPBレッドは四回に西武山野辺翔、楽天小郷裕哉、西武川越誠司の適時打で4点を先制したが、先発のソフトバンク古谷優人が五回に3点を返され、八回には3番手のオリックス神戸文也が同点ソロを許した。

ソフトバンク野村大樹、山野辺、川越がそれぞれ4打数2安打でマルチ安打を記録。投手では2番手ヤクルト金久保優斗が2回1安打無失点、3三振を奪う好投でホールドを記録した。

関連記事