重婚ダブル不倫退団 巨人元コーチの「侍メール」

話題・エンタメ プロ野球 巨人 スポーツ 楽天

「重婚ダブル不倫」。昨秋の日本シリーズ直前に週刊誌にそう書かれた鈴木尚広元コーチが退団したのは記憶に新しい。走塁を得意としていた鈴木氏が、試合内容などを解説するメールサービスで再起を期している。

まずは騒動を振り返る。10月16日に退団し、17日に発売された週刊誌が「重婚ダブル不倫」を記事化した。巨人は19日の日本シリーズ直前に、一塁コーチ交代を余儀なくされた。

週刊誌の記事は、既婚者で子供もいる鈴木氏が医師の妻と交際し、鈴木氏がタキシード姿、女性がウエディングドレス姿で写真を撮っていた。それをペットボトルのラベルにしていた、といった具合で、「盗塁の神様が医師のセレブ妻を盗んだ」という見出しもついていた。鈴木氏は「一身上の都合」で退団することになった。

退団の経緯や、阿部慎之介二軍監督と不仲とされていることから、鈴木氏が巨人に復帰する可能性は極めて低い。解説者として球場に出入りするのも困難だろう。

そんな状況下で、鈴木氏が新たな目玉として1月から起用されたのが「侍メール」というサービス。「侍」こと元プロ野球選手が、メディアやSNSでは公表していない解説や写真・動画を、メールで直接受け取ることができるという。

「SNSは、誰でも閲覧可能なもの。でも「侍メール」は、SNSでは出せないような解説や普段の私生活の情報を、特別に受信することができます」と特別なサービスであることを強調している。

侍には鈴木氏以外に真中満ヤクルト元監督、山崎武司氏、楽天石井一久GMら豪華メンバーが名を連ねている。価格は月660円だ。メールの頻度などは不明だが、返信すれば侍も見るという。気になった方は登録してみよう。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS・侍メールHPより

関連記事