連続申告敬遠からサヨナラ負けで高橋純プロ初黒星、ソフトバンク連勝ストップ

ソフトバンク 楽天

◆楽天4-3ソフトバンク◆
ソフトバンクが8人の投手をつぎ込んだ試合を落とし、連勝が6で止まった。高橋純はプロ初黒星。

3-3で迎えた延長十一回裏。この回からマウンドに上がったソフトバンク8番手・高橋は変化球でストライクが取れない苦しい投球。先頭の茂木に二塁打、続く太田に犠打を決められ、5球で一死三塁のピンチを背負う。

ここで、工藤監督は浅村、辰己を連続で申告敬遠。銀次との勝負にかけた。

だが、ここで高橋は3球続けてボール。4、5球目は直球で3-2としたが、4球連続のストレートとなった6球目が甘く入り、右中間にサヨナラ打を許した。

サヨナラ打の銀次はお立ち台で「ただ、無心にセンター返しを心掛けて打席に入りました」と語ったが、その表情からは目前の連続敬遠に闘志を掻き立てられたのは明らかだった。

関連記事