7連敗中、監督ベンチで卒倒 70日ぶり復帰も…【韓国プロ野球】

ニュース スポーツ KBO(韓国プロ野球)

今年6月、7連敗中の試合中に卒倒して休養していた韓国プロ野球(KBO)SKワイバーンズのヨム・ギョンヨプ監督(52)が1日のLGツインズ戦で復帰した。

68日ぶりの復帰戦は5-13で大敗となったが、ヨム監督は「再びワイバーンズが正常な軌道に戻るよう、コーチ・選手たちとともに、残り試合で希望を与えることができる試合をするよう努力する」とコメントした。

ヨム監督は7連敗中だった6月25日のダブルヘッダーの第1試合で、3点をリードされた二回に倒れ、救急搬送された。病院では「ストレスが原因で、2か月間の安静が必要」と診断され、8月いっぱいを休養に当てていた。

この日の復帰戦で見せた姿は、休養前に比べて「やつれた」と評されている。

ヨム監督の休養中、SKはパク・ギョンワンヘッドコーチが監督代行を務めたが、苦戦は続いて9位に低迷している。

KBOの1日終了時点の順位は以下の通り。

1位 NC 57勝34敗2分
2位 キウム 59勝42敗 2.5
3位 LG 56勝40敗2分 3.5
4位 斗山 53勝41敗3分 5.5
5位 KT 50勝43敗1分 8.0
6位 KIA 49勝45敗 9.5
7位 ロッテ 47勝44敗1分 10.0
8位 サムスン 43勝52敗1分 16.0
9位 SK 32勝64敗1分 27.5
10位 ハンファ 26勝68敗1分 32.5

文/BBNEWS編集部 写真/SK球団、instagramより

関連記事