逆転勝ちはしたけれど…ソフトバンクが拙守で苦戦

ソフトバンク ロッテ

◆ソフトバンク9-6ロッテ◆
ソフトバンクは逆転勝ちしたが、守備の乱れから五回に一時、勝ち越しを許した。

4-4の五回から登板した高橋純が安打と死球で一、二塁とされ、中村は投前へのバント。高橋は三塁へ投げるそぶりを見せたが、結局一塁へ投げた。

高橋の打球へのチャージが甘かったのが原因で、中村の打球から見れば三塁を封殺しておきたい場面だった。

さらに井上の打球を松田が後逸、4-5と勝ち越しを許し、続く角中にも適時打を浴びた。今季負け越しているロッテに流れを持っていかれかけた。

松田は七回にソロ本塁打を放ち、その流れを引き戻したのはさすがだが、ソフトバンクは2年連続日本一を狙う立場。求められる野球のレベルは、もう少し高いはずだ。

関連記事