逆転優勝も夢じゃない?広島が今季3度目の8連勝

広島 ヤクルト

◆ヤクルト2-3広島◆
広島がソロ本塁打3発で今季三度目の8連勝、首位・巨人との差を5に詰めた。

初回、一番の西川がヤクルトの先発・小川から先頭打者本塁打を放って先制した。西川は一番11試合目で3本目の先頭打者アーチ。月間3本は三村、緒方という新旧監督に並ぶ球団タイ記録となった。

2発目も初回。二死から鈴木がレフトスタンドに22号を打ち込み、2点をリードした。

2-2に追いつかれて迎えた六回には、バティスタが左中間スタンドに24号を放ち、これが決勝点となった。バティスタはこの8連勝中、26打数9安打(.346)9打点5本塁打という働きで打線をけん引している。

広島はこれで4月の8連勝、5月の11連勝に続く今季3度目の8連勝で貯金2。17日には12だった巨人とのゲーム差は、10日間で5に縮まった。大逆転でのリーグ4連覇も夢ではなくなってきた。

関連記事