辻監督「毎試合投げて」西武・ニールが7連勝、郭泰源との共通点は?

西武 日ハム

◆日本ハム2-8西武◆
西武・ニールが6回7安打2失点で自身7連勝。8勝目を挙げた。

「100%の投球は目指さないで、ストライクを投げて打たせて取ることを意識した」という言葉通りの投球だった。

一軍に再昇格した6月20日以来、負け知らず。西武の助っ人では94年の郭泰源の9連勝以来の7連勝。

「オリエントエクスプレス」の異名を持つ郭泰源は94年にはストレートが往時の勢いを失っており、スライダーとのコンビネーションで打たせてとっていた。

ニールもストライク先行で動く球で打たせて取り、6-7回を投げて試合を作る。

打力はあるが、先発陣が不安定な西武にあって、最も安定している。「ニールは本当に良かった。毎試合投げて欲しい」と言う辻監督のセリフはお世辞ではないだろう。

関連記事