足立、楽天の“捕手”で初めて成功

エンタメ・話題 オリックス 楽天

◆楽天4-5オリックス◆
楽天に待ちわびた春が来た。19日の試合には敗れたが、「今季初」が出た。足立が楽天の捕手登録の選手としては今季初めて、盗塁を阻止したのだ。

18日までに楽天が盗塁を阻止したのは一度だけ。楽天の正捕手は嶋で、二番手が足立。捕手が足りなくなり、元捕手の銀次がマスクを被った上に盗塁をしかけた走者を刺して話題となったが、刺したのはその一度しかなかった。盗塁阻止率がお寒いという記事を書いたが、その状況に足立が待ったをかけた。

スタメンマスクの足立は初回一死でスタートを切った西浦を二塁で刺して、まずは今季初の盗塁阻止。さらに五回二死でも、二盗を試みた大城を刺した。二塁塁審長井の判定はセーフだったが、平石監督がリクエスト。リプレー検証の結果、アウトに覆った。オリックスは今季のスローガンに「Be Aggressive」を掲げ、18日までにリーグ最多の23盗塁。この日も積極的に走ってきたオリックスの足技を、足立が封じ込めた。

足立は1点を追う七回には、今季初安打となる同点ソロを放ち、打撃でもアピールした。嶋は今季、15度の盗塁を仕掛けられて、刺したことはない。試合には敗れたが、正捕手争いへ向け、足立がしっかりと存在感を示した一戦となったのは間違いない。

関連記事