試合終了機を二度も…SBリチャード守乱

NPB(プロ野球) スポーツ ソフトバンク ヤクルト

◆ソフトバンク5-3ヤクルト◆
支配下登録を目指すソフトバンク・リチャードが守備で不安を見せた。

七回の守備から松田宣に代わってサードに入ったが、九回二死一塁からサードへのゴロをなぜかベースカバーに入っていないセカンドの周東に送球して野選に。一塁に送球していればアウトのタイミングだったが、二死一、二塁に。この直前には一死一塁から上田の三遊間寄りのゴロを捕球できずに遊撃牧原がカバー。二塁封殺となったが、リチャードが捕っていれば併殺打で試合終了となっていた場面だった。

この日が今季初の連投だった森は、上田までに16球を投じていたが、リチャードのおかげでさらに11球、計27球を投じる結果となった。

三塁にはゴールデングラブ賞8度の松田もいる。キャンプから打撃でアピールを続け、オープン戦も一軍に帯同。ここまで打率.273、1本塁打と上々の結果を出しているリチャードだが、守備ではまだまだ修行が必要のようだ。

文・写真/BBNEWS編集部

◆リチャード
背番号 127
本名 砂川リチャード
カナ スナガワ・リチャード
出身校 沖縄尚学
誕生日 1999年6月18日
年齢 20
血液型 O
身長 189
体重 112
所属履歴 沖縄尚学
キャリア 3年
投打 右右
ドラフト年度 17
ドラフト順位 3(育)
年俸 300万円
昨季年俸 300万円
家族 独身

関連記事