覇権奪回にどんな指令が?球界のドンが久々に登場

ニュース エンタメ・話題 巨人

巨人を応援する財界人らが組織する「燦燦会」が25日に都内で開かれる。そこに、昨秋には死亡説も飛び交った球界のドン・ナベツネこと渡邊恒雄氏が出席する予定だ。公の場での久々の発言に注目が集まる。開幕へ向けて、どんな指令が下されるのか。

温故知新。燦燦会を前に、2004年の球界再編時に最も話題となったあの発言を振り返ってみよう。以下、原文ママ。

「選手会の古田会長がオーナーレベルと話をしたいと言っている」という質問に対する発言だ。

フンッ(鼻で笑う)
無礼なこと言うな

分をわきまえなきゃいかんよ
たかが選手が

たかが選手と言っても立派な選手もいるけどね

オーナーと対等に話する協約上の根拠が一つもない

↓動画

読売グループの至上命令であるV奪回に向けて、昨オフに大補強を敢行した巨人。久々の爆弾発言が氏から飛び出すだろうか。

プロ野球界に長きに渡り君臨してきた渡邊氏の過去の言動には後日、改めて触れたい。

関連記事