西武V消滅、金子侑司「適時トンネル」

NPB(プロ野球) スポーツ 西武 ソフトバンク 怪我・体調不良

◆ソフトバンク7-2西武◆
西武は優勝の可能性が消滅した。初回、金子のタイムリーエラーで2点を失うなど、二回を終えて1-6。あまりに痛かった。

金子は一死二塁で柳田の中前打にチャージした。9試合連続盗塁を決めた二走・周東を警戒するあまり処理を焦ったのか、まさかのトンネル。周東に加えて、柳田も一気に生還した。

先発・松本は1回1/3を6安打3四球6失点。プロ入り最短でKOされた。「1点をかえしてくれた直後も点を取られてしまい、チームに申し訳ない気持ちでいっぱいです」と反省したが、金子が盛り立てたかった。

辻監督は「こっちがちゃんとやれば、十分に戦える。2位に入れる可能性はあるわけだから、まだまだ目標が消えるわけじゃない。そのためにも今日は大事な試合と位置づけていたけど、ちょっと痛かった」。

残り13試合で2位ロッテと3ゲーム差となったが、27日から所沢で9連戦。取り返したい。

文・写真/BBNEWS編集部

◆金子侑司
背番号 7
カナ カネコ・ユウジ
出身校 立命大
誕生日 1990年4月24日
年齢 29
血液型 B
身長 179
体重 76
所属履歴 立命館宇治-立命大
キャリア 8年
投打 右両
ドラフト年度 12
ドラフト順位 3
公式戦初出場 13年3月29日日本ハム=西武ドーム
年俸 1億2000万円
昨季年俸 5700万円
タイトル (盗)16、19
家族 独身

関連記事