西武戦力外の松本直晃が琉球入り、亀沢恭平・杉山翔大に続きトライアウトから3人目

西武 ストーブリーグ

琉球ブルーオーシャンズは26日、今オフに西武を戦力外となった松本直晃投手の入団が決まったと発表した。

松本は2015年ドラフト10位で西武入団。通算30試合に登板して0勝0敗1ホールド、防御率6.25の成績。今季は4試合登板にとどまり、オフに戦力外通告を受けて合同トライアウトを受験していた。

沖縄発のプロ野球チーム琉球ブルーオーシャンズは、同じくトライアウトを受験した中日の亀沢恭平、杉山翔大も獲得しており、トライアウト組から3人目の入団となった。

関連記事