西武山川&中村弾 2-7から逆転勝ち

NPB(プロ野球) スポーツ 西武 ソフトバンク

◆西武8-7ソフトバンク◆
三回表を終えて2-7から、西武が一発攻勢で逆転勝ち。「8-7」の「ルーズベルトゲーム」を制した。

二回、まずは中村が1号2ランを放ち、反撃の狼煙を上げた。三回は外崎の2点適時三塁打などで3点を返して5ー7。七回は前日に2発を放った山川が、バックスクリーンに逆転の4号3ランを打ち込んだ。

山川は「打った瞬間いくと思いました。点差が離れていても関係ない。自分の打席に集中していた。四球も選べている。打つ時と我慢する時のメリハリをつけたい」とヒーローインタビューで自信を強調した。


連日の逆転勝ちに、辻監督は「昨日に引き続きというところ。いきなり点を取られてマズイと思ったが2点差になって、このままいってくれればと思った。あと1点をどっちが取るかが勝負の分かれ目だなと思っていた」。それを3ランで決めた。

強力・西武打線を相手にセーフティリードはない。開幕3連戦は元気がなかったが、大量失点をものともしない粘り腰は今季も健在。星を4勝4敗の五分に戻し、ここから加速する。

文・写真/BBNEWS編集部

◆山川穂高
背番号 3
カナ ヤマカワ・ホタカ
出身校 富士大
誕生日 1991年11月23日
年齢 28
血液型 A
身長 176
体重 103
所属履歴 中部商―富士大
キャリア 7年
投打 右右
ドラフト年度 13
ドラフト順位 2
公式戦初出場 14年6月21日DeNA=横浜
年俸 2億1000万円
昨季年俸 1億1000万円
タイトル (優)18(本)18、19(ベ)18、19
家族 既婚

関連記事