西武・秋山翔吾「優勝目指して」—侍ジャパン選手意気込み

エンタメ・話題 西武 特集企画・連載 侍ジャパン

大リーグ移籍を視野に海外FA権の行使を表明した。プレミア12は国際舞台で実力をアピールする大きなチャンスだ。

今オフに大リーグに移籍すれば、過去の例から見て、東京五輪への出場は難しい。それでも稲葉監督が秋山を選出したのは、侍ジャパンには秋山が欠かせないからだ。

NPBのシーズン最多216安打の記録を持ち、打率三割を4度マークした打力と、安定した外野守備と俊足。三拍子揃ったリードオフマンだ。

「4年前にできなかった優勝を目指してやっていきたいです。稲葉監督の期待に応えられるように、そしてチームの勝利のために色んな役割を果たしていきたいです」。

3位に終わった前回大会の雪辱を果たす。

関連記事