西武・秋山後逸も…清田ランニング本塁打ならず

エンタメ・話題 西武 ロッテ

◆西武ーロッテ◆
ロッテ・清田がランニングホームランならず。

六回二死で清田の当たりはセンターへのライナー。秋山が前進して捕球を試みるも後逸し、打球が点々とし、フェンスへ到達する間に清田は二塁を回って三塁へ。

三塁手前で減速しかけた清田だが、大塚コーチは回し、清田は再加速して本塁へ突入した。

しかし、フェンス手前まで走ってボールを拾った秋山から源田、森と中継され、清田は本塁の1メートル以上手前で立ったままタッチアウトとなった。

秋山の後逸、清田の暴走は共に、珍プレー。記録は三塁打となった。

清田は二回に先制のソロ本塁打を放ち、「(2つ負けているので今日はとにかく勝つこと、まず一つ取りたいです。練習でもあんな当たりはないです。しっかり捉えられました」とコメントしていた。

関連記事