西武・秋山が20号、“純和製”20発クインテット誕生

エンタメ・話題 西武 ロッテ

◆西武6-1ロッテ◆
「和製20発クインテット」誕生だ。

西武・秋山が20号2ランを放ち、20発以上が5人となった。

41本 山川穂高
29本 中村剛也
24本 外崎修汰
21本 森 友哉
20本 秋山翔吾

20発以上5人は日本一になった08年の中村、ブラゼル、G・G・佐藤、中島、ボカチカ以来。今季は全員が生え抜きの日本人だ。日本人5人による20本は、パ・リーグでは初、両リーグでも2001年の巨人(松井、江藤、清原、高橋、仁志)以来18年ぶりの快挙だ。

秋山は「先に20発打った人たちに置いてかれていたので、シーズン終わるまでに1本出ればいいかなと思っていたので、良い所で出て良かったです」

強力打線の援護に、先発・松本航は「凄く有り難かったです。凄く楽な気持ちで投げることができました。本当に感謝しています」と感謝した。

西武はこれでソフトバンクとゲーム差なしの2位に。激しい優勝争いの中、まだまだ本塁打は増えそうだ。

関連記事