西武・榎田5回7失点も黒星付かず「次回はしっかり」

西武 オリックス

◆西武8-7オリックス◆
西武・榎田が初回に5連打を浴びるなど、打者一巡の猛攻で5失点。味方が逆転した後の四回にも2点を失って逆転を許し、6-7のスコアで、5回10安打7失点で降板した。

榎田は99球を投げたが、もっと早く降板してもおかしくなかった。

「失点を少なくすることを目標にマウンドにあがりましたが、いきなり5失点してしまい、野手の方やチームに対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。ボールが高かったですし、自分の持ち味の攻めの投球をすることができず、全体的に甘くなってしまいました。次回以降は、しっかり攻めの投球をできるようにしたいです」

試合前まで防御率5.73。次回登板はあるのか。

関連記事