西武・榎田三回途中KOに辻監督「7点はきつかった」

NPB(プロ野球) スポーツ 西武 日ハム

◆西武5-8日本ハム◆
西武の先発・榎田が5安打3四球で7失点、今季自己最短の2回2/3で降板した。

初回は三者凡退の立ち上がりだったが、二回に中田、渡辺の連打で一、三塁のピンチを背負うと、一死からビヤヌエバに1号3ランを被弾。三回は二死から2安打3四球と乱れて4失点で降板。「二回は甘い球を痛打され、三回はフォアボールから崩れてしまった」と反省した。

5連敗となった辻監督は「序盤の失点が痛いよねえ。序盤の3点、4点の失点が痛すぎた。杉浦から点が取るのは難しいという中で、今日は競って行かなきゃけないのに7点はきつかった」とぶ然。榎田については「コントロールが今一つだったかな。球威が無いならコントロールで、と行かなければいけないのに」と辛らつだった。

文・写真/BBNEWS編集部

◆榎田大樹
背番号 30
カナ エノキダ・ダイキ
出身校 福岡大
誕生日 1986年8月7日
年齢 34
血液型 AB
身長 180
体重 90
所属履歴 小林西―福岡大―東京ガス―阪神
キャリア 10年
投打 左左
ドラフト年度 10
ドラフト順位 1
公式戦初出場 11年4月16日中日=ナゴヤドーム
年俸 4800万円
昨季年俸 5500万円
家族 既婚

関連記事