西武・松本痛恨暴投で黒星も投球に手応え「指にかかったいいボールが」

西武 ソフトバンク

◆ソフトバンク2-1西武◆
西武の先発・松本航は6回2失点と好投したが、自身の暴投で決勝点を失い3敗目を喫した。

初回に森のタイムリーで先制点をもらった松本は、二回までは無安打と上々の立ち上がり。三回には3安打を浴びたが、犠飛により1点でしのいだ。

だが、1-1の四回二死三塁の場面で、福田への2球目の変化球が足元でワンバウンド。森も止められない暴投となり、2点目を失った。結局、これが決勝点となった。

ただ、ソフトバンク打線を相手に6回5安打2失点なら責められないだろう。試合後は「今日は四球を多く出してしまったことは反省ですが、練習の成果を出すことはできた。またタイミング良く投げることができたときは、指にかかったいいボールがいっていた」と手応えを口にした。

関連記事