西武・早め継投も…松本被弾で六回までリード許す

ソフトバンク 西武

◆西武ーソフトバンク◆
後のない西武が早めの継投策に出たが、六回まで3-5とリードを許している。

先発・本田は二回まで無失点だったが、三回に今宮にソロを被弾。さらに四回、先頭・グラシアルにソロを打たれ、松田に安打を浴びて交代。「とにかく立ち上がりに気を付けて、初回は絶対ゼロに抑えようと思ってマウンドに上がりました。入りは良かったと思います。2本のソロはどちらとも失投。もったいなかったです」とコメントした。

二番手平良は甲斐に適時二塁打を打たれ、0-3。さらに四死球で満塁となったが、併殺で凌いだ。五回は一死から二塁打と四球で一、二塁となり、松本航に交代。

松本は六回、今宮に2ランを打たれ、四球と安打で一、三塁となって小川に交代。小川が四球を与えて満塁になると、ヒースに交代。併殺で凌いだ。

強力打線が売り物の西武は先発がある程度、失点しても反撃することか多く、辻監督も我慢強い。この日は次々とリリーフを送り込んでいるが、後手後手に回り気味だ。