西武・平良が2球でプロ初勝利「いろんな方がつないでくれた」

西武 ソフトバンク

◆西武4-2ソフトバンク◆
西武・平良海馬が七回のピンチをわずか2球で切り抜け、プロ初勝利を挙げた。

2-2の同点で迎えた七回、二死二、三塁で打席には内川。ここで3番手としてマウンドに上がると、直球を2球続けて内川を二ゴロに打ち取った。その裏に森の勝ち越し弾でうれしいプロ初勝利に。

お立ち台では「1点も取られちゃいけない状況だったので、バッター抑えることだけ考えて全力で投げました。森さんが要求したいいコースに投げれたので良かったです」と振り返り、初勝利については「いろんな方がつないでくれた1勝なので、しっかり思い出として残しておきたいです」とチームメイトに感謝した。

平良は八重山商工高から2017年ドラフト4位で西武入り。2年目の今季はここまで16試合に登板して1敗1セーブ2ホールド。27日には菊池雄星に並ぶ球団史上最速タイの158キロを記録。次代の守護神候補だ。

関連記事