西武・平良「田島超え」中日・福谷が祝福

NPB(プロ野球) スポーツ 西武 中日 侍ジャパン・東京五輪

西武・平良海馬が13日の中日戦の九回に登板、開幕から32試合連続無失点のNPBの新記録を達成した。16年に中日・田島慎二がマークしたプロ野球記録「31」に並んでいた。

この試合に先発し、八回途中4失点で6敗目を喫した中日の福谷が14日に「note」を更新し、記録更新を讃えた。
「タジさん(田島さん)が記録をつくった2016年、僕はリリーフとしてベンチに入ってましたが、見てて『どうやったら点が入るんだろう』って感じでした」
「あのタジさんの記録を抜いたのはホントにすごいことだと思いますし、ここまで来たらガンガン記録を伸ばしていって欲しいですね」

この年、入団4年目の福谷は41試合に登板、開幕から抑えを務めていたが、不調のために中継ぎに回った。8ホールド、8セーブを挙げた。一方、福谷の代役を務めたのが田島。59試合に登板し、中継ぎで18ホールドを挙げたほか、途中から抑えに回り、17セーブをマークした。

平良も開幕当初は中継ぎ。昨季セーブ王の増田が抑えを務めていたが、不調で二軍へ降格。平良が抑えに定着した。

開幕からの連続無失点のパ・リーグ記録は12年の岡島秀樹(ソフトバンク)の26。開幕からに限らないパ・リーグ記録は、03年豊田清(西武)と14年比嘉幹貴(オリックス)の34。プロ野球記録は06年に藤川球児(阪神)がマークした38。

平良は「そっちの方も更新したい」と意欲を見せている。

◆連続30試合以上無失点(※は開幕から)
藤川球児 38試合(06年・阪神)
篠原貴行 37試合(11年・横浜)
豊田清  34試合(03年・西武)
比嘉幹貴 34試合(14年・オリックス)
平良海馬 32試合連続(21年・西武)※
高橋聡文 31試合(05年・中日)
ファルケンボーグ 31試合(11年・ソフトバンク)
田島慎二 31試合連続無失点(16年・中日)※
嘉弥真新也 31試合連続(18年・ソフトバンク)

文・写真/BBNEWS編集部

◆平良海馬
背番号 61
カナ タイラ・カイマ
出身校 八重山商工
誕生日 1999年11月15日
年齢 21
血液型 O
身長 173
体重 100
所属履歴 八重山商工
キャリア 4年
投打 右左
ドラフト年度 17
ドラフト順位 4
公式戦初出場 19年7月19日オリックス=メット
年俸 4200万円
昨季年俸 1200万円
タイトル (新)20
家族 独身

関連記事