西武・岡田が負傷交代、急所に打球・死球・本塁クロスプレーのトリプル受難

西武 オリックス 怪我

◆オリックス4-5西武◆
西武・岡田雅利が、4日のオリックス戦で途中交代した。

六回裏の守備で、西野の中前打で本塁にしてきた福田にタッチに行った際、福田の膝がキャッチャーミットに激しくぶつかり、この際に左手を痛めた模様。DHに入っていた森が捕手につき、岡田は病院に直行した。

岡田はこの試合、初回に小田のファウルが急所を直撃して悶絶。二回には竹安から腰に死球を受けていた。

西武は、金子侑、源田、中村とここにきて故障で離脱する主力が相次いでおり、辻監督は岡田の負傷に「ちょっと心配」と顔を曇らせた。

関連記事