西武・山川穂高が抹消、3年連続キングならず【10月31日公示】

スポーツ 西武 DeNA オリックス 中日 日ハム ヤクルト NPB公示

西武は31日、山川穂高内野手の出場選手登録を抹消、水口大地内野手を登録した。山川はここまで102試合で24本塁打と、トップの浅村とは8本差。再登録が可能となるのはレギュラーシーズン全日程終了後で、3年連続の本塁打王を逃すことが確実となった。

中日は佐藤優投手と福田永将内野手を抹消、山本拓投手を登録した。福田は30日の広島戦で、守備の際に左肩を痛め、途中交代していた。

日本ハムは宮西尚生投手とN.マルティネス投手を抹消、浦野博司投手と村田透投手、北浦竜次投手を登録した。宮西は30日のオリックス戦で今季50試合目の登板を果たし1回無失点だった。浦野は引退選手・特例登録を適用された。1日に抹消となる。

【登録】
▼山本拓実(中)
▼水口大地(西)
▼浦野博司(日)
▼村田透(日)
▼北浦竜次(日)

【抹消】
▼京山将弥(De)
▼佐藤優(中)
▼福田永将(中)
▼歳内宏明(ヤ)
▼山川穂高(西)
▼宮西尚生(日)
▼N.マルティネス(日)
▼山岡泰輔(オ)

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事