西武・前日から7イニング連続失点、今井も止められず「真っすぐも変化球も…」

ソフトバンク 西武

◆西武ーソフトバンク◆
西武・今井が三回途中7安打6失点で降板。序盤で大量リードを許す展開となった。

初回に中村に適時打を打たれると、二回は牧原に犠飛を許し、三回はデスパイネに適時二塁打、中村に2ラン、高谷に適時二塁打を浴びた。三振は一つもなく、わずか67球だった。

今井は「イニングの先頭打者をアウトに取れなかったので苦しいピッチングになってしまった。真っすぐも変化球も高く浮いてしまい、森さんの要求どおりに投げられなかった。昨年に続いてクライマックスシリーズの大事な場面で登板の機会をいただいたのに、期待に応えられず申し訳ないです」

さらに代わった佐野も四回に失点し、前日の七回から7イニング続けて失点。ソフトバンク打線が勢いに乗っている。

関連記事