西武マジック9点灯、外崎好守で流れ呼ぶ

西武 ロッテ

◆西武6-5ロッテ◆
西武が2日連続のサヨナラ勝ちで、優勝へのマジックナンバー「9」が点灯した。

延長十一回に木村の中飛をロッテ・加藤と荻野が交錯して落とし、ボールが転々とする間に一気に生還した。

その直前、十一回表の守備では、サヨナラ勝ちを引き寄せる外崎の好守があった。一死一塁で、鈴木の打球はレフト前への安打。

一走・荻野は俊足を飛ばして三塁を狙ったが、左翼・外崎から中村へ素早く正確に送球し、タッチアウトとなった。

外崎はセカンドを主に守るが、昨季は外野がメーン。内野手ならではの身のこなしと、昨季までの経験を活かしたビッグプレーだった。

辻監督は「外崎のあれは非常に大きかった。今年外野をやっていなくて、さすが内野手の動きをして、素晴らしい球を放ってくれました」。

複数ポジションを守れる点は、侍ジャパン・稲葉監督も高く評価している。

関連記事