西武が7点差追いつき、引き分けパ・リーグ新

西武 日ハム

◆西武8-8日本ハム◆
西武が7点差を追いついて今季18度目の引き分けを記録、74年に南海が作ったパ・リーグ記録(17引き分け)を更新した。

先発・今井が5回7安打4四球7失点の乱調で五回表終了時点で0-7と敗色濃厚の展開だった。だが、打線が五回裏に敵失をきっかけに源田の2ラン、外崎の2点二塁打で4点を返し、反撃を開始。4点を追う七回には外崎の2ランに愛斗、源田の連続タイムリーで同点に追いついた。

引き分けのプロ野球記録は82年に中日が作った「19」。更新は時間の問題だ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事