西武が米トレーニング施設に若手6投手を派遣、投手力底上げへ

西武

西武は26日、米シアトルのトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」に、斉藤大、中塚、田村、国場、藤田、東野の6投手を派遣すると発表した。

科学的な動作解析や重さの異なるボールを使った練習を行い、理想的なフォームが習得できるとされる。サイ・ヤング賞2度受賞のティム・リンスカムら多くのメジャーリーガーのほか、日本ハム・金子弌大やロッテ・西野勇士も利用している。

派遣期間は11月4日から29日。1週間で投球フォームを分析して、各投手に最適なメニューを作成し、3週間でそのメニューを実践、球速アップなどを目指すという。

今季はリーグ優勝を果たしたものの、防御率はリーグワーストの4.35に終わった西武。若手投手の台頭が望まれる。

関連記事