西武が打撃タイトル5部門制覇ー森友哉首位打者

西武

史上初ーー。パ・リーグを2連覇した西武が、打撃タイトル5部門を獲得した。同一球団の5選手が打撃タイトルを独占するのは初めて。逆転優勝した強力打線を形成した選手たちが、歴史に名を刻んだ。

打率.329の森友哉は、捕手としては4人目となる首位打者獲得。パ・リーグでは1965年の野村克也(南海)以来64年ぶり。西武では初めてだ。

「一年を通して捕手として試合に出た中で、首位打者のタイトルを取れて本当にうれしい」とコメントした。

関連記事