西武が打撃タイトル5部門制覇ー中村剛也4度目打点王

西武

史上初ーー。パ・リーグを2連覇した西武が、打撃タイトル5部門を獲得した。同一球団の5選手が打撃タイトルを独占するのは初めて。逆転優勝した強力打線を形成した選手たちが、歴史に名を刻んだ。

中村は123打点で、4年ぶり4度目の打点王。「シーズンを通して僕の前を打つ選手たちがチャンスをつくってくれた中でランナーをかえすことを意識して打席に入った結果だと思う」とコメントした。6度の本塁打王と合わせ、10個目の個人タイトルだ。

中村、山川(120打点)、森(105打点)と3人が100打点をマークした。チーム100打点3人以上はパ・リーグでは03年のダイエーの4人(松中、城島、井口、バルデス)以来で、セ・リーグを含めて5チーム目。

関連記事