西武、野手10人で引き分け「ちょっと苦しかった」辻監督

NPB(プロ野球) スポーツ 西武 広島

◆広島4-4西武◆
西武は試合開始前に源田の新型コロナウイルス陽性が判明し、野手10人で試合に臨んだ。序盤に4点をリードしたものの、追いつかれて引き分けに終わった。

24日の広島入り後に源田と接触があった佐野、ニール、柘植、金子、木村、愛斗、熊代をベンチから外したため、控えの野手は捕手の岡田と外野手の鈴木のみ。スパンジェンバーグが今季初めて右翼に入る苦しい布陣。五回二死二塁のダーモディの打席も代打は送れず、三回以降は追加点を奪えなかった。

辻監督は試合後「外野手は栗山もスパンジーも代えられないし、代打も送れない。最後の最後しか送れないというところで今日はちょっと苦しかった」と振り返った。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事