西武、自滅でCS逃す「山川もいない」辻監督嘆く

NPB(プロ野球) スポーツ 西武 ロッテ

◆ロッテ8-2西武(8日、ZOZOマリン)
西武がロッテに敗れ、クライマックスシリーズ(CS)進出を逃した。

二回にスパンジェンバーグと呉念庭の適時打で2点を先制したが、その後はロッテの中継ぎ陣を攻めあぐね、逆転を許す苦しい展開。

1点を追う六回には3四死球で一死満塁のチャンスを作ったが、愛斗と呉念庭が連続三振で逸機。その裏に守備の乱れが出て致命的な3点を失った。


試合後、辻監督は「六回に1点でも取っておけば。まだまだ若い選手にとって力不足というか、しっかり仕事ができれば良かった。打線的にも木村は(負傷が)あったし、4番を打っていた山川もいない。そういう中で粘ってくれたとは思うけど」と戦力不足を嘆いた。

来季に向けては「いろんな選手が上で経験した中で、自分が何が足りないかを感じてほしい。一軍でしびれるようなところで結果を出すためには、日ごろから緊張した中でやらないといけないし、そうしなきゃ一軍で飯は食えない」と、若手の奮起を期待した。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事