西川の3ランで広島が快勝、今季2度目の6連勝

阪神 広島

◆阪神0-4広島◆
広島が西川とバティスタの本塁打で奪った4点を完封リレーで守り、連勝を6に伸ばした。

初回、阪神の先発メッセンジャーを攻めて二死一、三塁のチャンスで打席に入った西川は、初球の真ん中に来た変化球を捉え、ライトスタンドに放り込んだ。六回にはバティスタがレフトスタンドに豪快な一発を放った。西川は「初球から積極的に打ちに行こうと思っていた」としてやったりのコメント。二回から五回まではいずれも三者凡退と、メッセンジャーに完ぺきに抑えられていただけに、値千金の2発だった。

一方、6回6安打無失点で勝ち投手となったジョンソンは、「球数が多く、イニングを伸ばすことができなかった」と反省を口にしつつ、「ヒットを打たれてもしっかりと後を抑える形で粘れた」と投球を振り返った。

広島は今季2度目の6連勝で、貯金は今季最多の5に。1ゲーム差で首位・巨人を追っている。

関連記事