西勇輝、梅木球審にまた苦戦…6戦連続白星逃す

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 オリックス

◆阪神2-5オリックス◆
阪神の先発・西勇が、また梅木球審の試合で3四死球と制球を乱し、白星ならず。4月20日の巨人戦を最後に、6戦連続で勝ちを逃した。

西勇は5月18日のヤクルト戦で、際どい球がことごとくボール判定となり5回6四死球の5失点で黒星を喫した。その次の25日ロッテ戦は須山球審で無四球。だが、この日はまた梅木球審でコーナーを狙った球がボールと判定されての3四死球。この日は7回2失点と粘ったものの、相性の悪さは決定的だ。

矢野監督は試合後、「だいぶ勇輝らしくなってきている。内容も別に悪いとは思ってない」と西勇を擁護した。指揮官はヤクルト戦後には「際どいところをボールと言われたら、甘く入るというのはある」とストライク・ボールの判定が投球に悪影響を与えたと指摘していた。

ただ、優勝を狙うチームのエースとしては審判の苦手などは言っていられない。次の機会には克服したい。

文・写真/BBNEWS編集部

◆西勇輝
背番号 16
カナ ニシ・ユウキ
出身校 菰野
誕生日 1990年11月10日
年齢 30
血液型 B
身長 181
体重 81
所属履歴 菰野(甲)―オリックス
キャリア 13年
投打 右右
ドラフト年度 08
ドラフト順位 3
公式戦初出場 09年9月21日楽天=K宮城
年俸 2億円
昨季年俸 2億円
タイトル (ゴ)19
家族 既婚

関連記事