被本塁打王は?パ・リーグ編2019

NPB(プロ野球) ソフトバンク 楽天 特集企画・連載

やらかしたのは?被本塁打王は誰だったのか、パ・リーグ編。

1 石橋 良太 (楽) 20
2 千賀 滉大 (ソ) 19
2 美馬 学 (楽) 19
4 山岡 泰輔 (オ) 16
4 今井 達也 (西) 16
4 二木 康太 (ロ) 16
7 K-鈴木 (オ) 15
8 有原 航平 (日) 14
8 岩下 大輝 (ロ) 14
8 辛島 航 (楽) 14
8 涌井 秀章 (ロ) 14
8 ボルシンガー (ロ) 14

キングは楽天・石橋良太。開幕戦は中継ぎとして登板してロッテ・レアードに被弾したが、平石監督の「ビビったら使わん」という言葉に励まされ、強気の勝負を続けた結果だろう。昨季まで未勝利だった4年目右腕が今季は8勝。ファンも文句はないはずだ。

2位のソフトバンク千賀滉大はリーグ1の180イニングを投げた結果。140イニングで21本だった昨季に比べ、被弾数はむしろ減っている。

同じく2位の美馬は19本の被弾のうち、7本がロッテ戦でのもの。そのロッテにFA移籍することになったが、果たして来季の被弾は減らせるだろうか。

関連記事