虎15安打から一転、1安打完封負け・・・2けん制死も

阪神 DeNA

◆阪神0-2DeNA◆

前日の試合で今季最多の15安打で大逆転勝ちを演じた阪神が、今度はわずか1安打で完封負けを喫した。

一回に2番の糸原が三遊間を抜いてヒットを放ったものの、安打はそれっきり。その糸原も浜口のけん制でアウトになったが、それだけでは終わらなかった。三回にも四球で出た北條がまたけん制で刺された。六回にも同じく四球で出塁した上本の帰塁セーフにラミレス監督がリクエストするきわどい場面があった。この日の浜口は7四球と、走者は決して少なくなかったのだがこれでは動くに動けず、、八回二死満塁の得点機にも糸原がショートフライに終わるなど、工夫のない攻撃で0封された。

前日は「ガッツポーズ何回もしました」とはしゃいでいた矢野監督も、この日は「ちょっと打てなさすぎ」とぶ然。2度のけん制死を「流れを止めてしまった」と悔やんだ。

関連記事