虎の正妻争い?坂本2試合連続スタメンマスクも精彩欠く

巨人 阪神

◆巨人2-3阪神◆
阪神は2試合連続で、梅野に代わって坂本がマスクを被ったが、攻守に精彩を欠いた。

正捕手の梅野は七月の月間打率が1割台と不振に喘いでいる。

坂本は西をリードしたが、初回に丸に初球のストレートを中越に本塁打された。立岡、若林もストレートを振っており、狙われているのに気づかなかったか。続く坂本にもストレートを安打された。

2点目を取られた後の二回二死一塁では、ワンバウンドでもないボールをパスボール。打者・若林が振り逃げし、一、二塁のピンチを招いた。

四回には若林、六回には立岡に盗塁を許した。立岡の盗塁では、北條のカバーが遅れたが、坂本の送球はいずれも勢いがなかった。

打撃でも前日の4タコに続いて2タコ。途中出場した梅野は二塁打を放って決勝のホームを踏んだ。

坂本は兼ねてから矢野監督にリード面を評価されているが、昨季ゴールデングラブ賞を受賞した梅野に代わって正妻の座を掴むには物足りない。

関連記事