藤原恭大と小園海斗 元チームメイトの「年俸格差」

NPB(プロ野球) エンタメ・話題 ロッテ 広島 特集企画・連載 年俸・コスパ 契約更改

どうしてこんなに差がついた?ロッテ藤原恭大と広島・小園海斗。中学時代は同じチームで1、2番を打っていた2人に「給与格差」が生じている。

2人は中学時代はオール枚方ボーイズに所属。高校で進路が分かれたが、共に超高校級の選手になった。ドラフトで藤原は3球団、小園は4球団が競合した。さらに根尾昂に4球団が競合した。

しかし、入団時の契約金と年俸に差が出た。藤原と根尾は契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円の最高条件でロッテ、中日に入団した。だが、小園は各社の報道によると契約金が「1億円プラス出来高払い」に年俸800万円。出来高払いが満額の5000万円かは不明だ。


入団時点で年俸は倍近く違ったが、笑えない話がある。小園は7月のフレッシュオールスターで先頭打者弾を放ってMVPと賞金100万円を獲得した際に、「賞金を合わせても僕の方が年俸が少ないんですけどね」と漏らしたのだ。

そして、今季を終えての契約更改である。藤原は現状維持の1500万円で更改したが、小園は200万円アップの1000万円だった。参考までに、根尾は200万円ダウンの1300万円だ。

2人の成績と年俸あたりの単価=コスパを見ると、広島のケチっぷりが際立つ。
藤原は6試合で打率.105、2安打2打点。本塁打はゼロだ。小園は58試合で打率.213、40安打4本塁打16打点。

藤原は1試合あたり250万円だが、小園は13万円。藤原の単価は19倍だ。

藤原は1安打あたり750万円だが、小園は20万円。藤原の単価は37倍だ。

藤原は1打点あたり750万円だが、小園は50万円。藤原の単価は15倍だ。

それでも小園の1.5倍の年俸を藤原はもらっている。


因みに今秋のドラフト組では広島の森下暢仁とヤクルトの奥川恭伸は1600万円、中日の石川昂弥は1500万円、阪神の西純也は1200万円。まだプレーしていない後輩にも抜かれている。広島の渋チンぶりはあまりに酷いのではないか。

果たして、小園はFA権を取得するまでは我慢しろということなのだろうか。藤原の年俸を上回るには、成績でかなりの差をつけるしかない。

関連記事