菅野どうした?自己ワースト4被弾10失点に原監督「正常ではない」

巨人 阪神

◆巨人8-13阪神◆
球界のエースに異変が起きている。巨人・菅野が15日、5回2/3で127球を投げて11安打10失点。10失点、4被弾はいずれも自己ワーストとなった。

今季は一発病に苦しんでいる。ここまでの登板8試合で、本塁打を打たれなかったのは1試合だけ。両リーグワーストの13本を浴びている。防御率は4.36に上昇した。

原監督も甥の菅野には厳しい。「本来の、という姿ではないでしょう。本人も試行錯誤しながら、少し頭の中は正常ではないでしょう。何かつかむということをね。本人の納得いくまで、という中で、6回を投げきりたいというところだったので、投げきらせるつもりでいったけれど、そこもできなかったというところ。誰にでも壁、山というものは来るんだから、それを乗り越えないといけないね」

関連記事