菅野「悪いなりに試合を作る」投球で7勝目

巨人 日ハム

◆巨人7-3日本ハム◆
腰の違和感から復帰して2戦目の菅野が7回3失点で自身2連勝となり、リーグトップに並ぶ7勝目を挙げた。

初回に3本の適時打を浴びたが、味方打線が二回にすぐさま逆転。菅野は「立ち上がりだけ気をつけようと思ってたんですけど、見事に立ち上がりやられちゃったんで。でも粘って7回まで投げられたので良かったです」と振り返った。

二回以降は無失点で、7回107球で6安打3失点。「悪いなりに試合を作るのもまた一つの力だと思うので。こういう試合も時にはあると思うので、今日みたいなピッチングができれば、試合を作れるのかなという思いはあります」と話した。

以前のように相手を圧倒してねじ伏せる投球ではなく、ベストからは程遠いようにも見える。「内容も体も完璧ってわけじゃないですけど、その日その日のベストを尽くそうと思って毎回マウンドに上がるつもりでいる。また来週の日曜日頑張ります」。

巨人は交流戦4カード連続の勝ち越しで、広島を1ゲーム差で追う。菅野は「何とか交流戦優勝して、最終的にリーグも優勝したい」と宣言した。

関連記事