“自由契約”阪神ジョンソン SNS投稿も去就には触れず

エンタメ・話題 阪神

阪神を自由契約になったジョンソンがインスタグラムに妻子との写真を投稿した。男児が誕生した10月以降、10回もインスタグラムに投稿しているが、ファンが最も気にしている去就には無言を貫いている。

ジョンソンは息子さんについて、「こんなに写真映えする赤ん坊は見たことがない」と書き、溺愛ぶりを披露した。

出産時はクライマックスシリーズを戦うチームを離れて離日した。それ自体は何の問題もないが、周囲の人々に感謝を述べた際は、球団やチームメイトには言及しなかった。

「そのまま帰国しないのでは」との見方もあったが、クライマックスシリーズ中に帰国。登板はなかったが、チーム関係者を安心させた。

阪神は防御率一点台のセットアッパー慰留を今オフの最重要課題としており、自由契約になっても契約延長を諦めるつもりはない。大リーグに移籍したいのか、阪神と条件が合わないのか。

ファンはやきもきする日が続きそうだ。さらに、ジョンソン次第で去就が変わりかねないドリスも動向を気にしているだろう。

因みに、球界一を選ぶ某番組の「変化球部門」でジョンソンのパワーカーブが1位に選ばれたが、テレビ局は記念の盾を渡したいそうだ。

関連記事