終盤2イニングで9得点!逆転のカープが単独2位浮上

阪神 広島

◆阪神2-10広島◆
広島が終盤の2イニングで9点を奪う鮮やかな逆転勝ちで連勝を5に伸ばした。

1点を追う八回、ここまで苦戦していた西に対して一死一、二塁のチャンスを作ると、菊池、バティスタの連続適時打で逆転した。“逆転のカープ”はこれだけに終わらない。九回には、今年売り出し中の阪神の若手救援陣・島本、守屋らから7安打1四球で7点を奪う猛攻を見せ、大差をつけた。

一方、阪神は1点リードの八回からジョンソン‐ドリスの勝ちパターンの継投策を取らず、西に任せたことが結果的に裏目に出た。矢野監督は試合後、「西らしいピッチングしてくれてた」とねぎらい、八回の続投についても「もちろん。迷いは全然なかった」と西への変わらぬ信頼を強調した。

関連記事