糸原の犠飛で阪神が先制「最低限の仕事できて良かった」

巨人 阪神

◆巨人―阪神◆
後がない阪神が二回、キャプテン・糸原の犠飛で先制点を挙げた。

この回、先頭の大山がセンターへの二塁打で出塁すると、続く梅野の犠打で一死三塁とし、糸原が巨人の先発・高橋の3球目をレフトフェンス近くまで飛ぶ左飛を放ち、三走・大山は悠々と生還した。

糸原は「打ったのはストレート。悠輔(大山)と梅野さんが作ってくれたチャンスだったので、なんとしても還したかった。最低限の仕事ができて良かった」とコメントした。

関連記事