筒香嘉智のレイズ移籍を韓国メディアが警戒するワケ

NPB(プロ野球) DeNA ストーブリーグ

DeNAからポスティングでメジャー移籍を目指したDeNA筒香嘉智がレイズと2年1200万ドルで合意したニュースは、韓国でも多くのメディアが未明から速報で伝えた。韓国とは一見無関係に思えるニュースだが、関心を集めたのは理由がある。

レイズには韓国人野手のチェ・ジマン(崔志萬)がいるためだ。このチェ・ジマンは筒香と同じ28歳の左打の長距離打者。今季は主に一塁を守ったが、DHでも起用され、127試合で打率.261、19本塁打63打点の成績を残した。過去には左翼守備の経験もある。

筒香はレイズではDH、左翼、三塁、一塁での起用が予想されている。このため、韓国メディアの多くは筒香の加入によってチェ・ジマンが押し出される事を懸念、筒香を「(チェの)潜在的ライバル」と位置づけ、「チェ・ジマンが再びレギュラー争いを強いられる」と伝えている。

関連記事